スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄塔の君

遠い夕日が消えてゆく
ボクの手をすりぬけ消えてゆく
もう愛せない
もう愛せない
鉄塔の上の君はもう

電線を伝い会いに行くよ
山を越えて川も越えて
どこから来たのどこへ行くの
君の名前はなんていうの
何もわからない
何もわからない
名前を忘れた君はもう

どこにもいない
君の名もないよ
どこからきたの
どこにもいない

こんなにも淋しい夕べは
君が遠くにいってしまう
落ちてしまえばもう忘れたよ
君の名前はもう忘れたよ
スポンサーサイト

森の奥底

森の奥底で聞こえてくるよ
君の歌が聞こえてくるよ
ことりは歌った
その籠の中
指先震える月の下で

風が見える
夢を見たよ
どこへいったの
ボクのことり

それは山からの
風の宛先
どこへもゆけない遠い幻

どこにもない王国

どこにもない王国の
どこにもない片隅で
夢見る少女は頬杖ついて
ひとつふたつとため息を

何処にも行けないの
私を連れてって
この手を引いて
どこにでも行けるの

砂漠を越えて森を越え
空の彼方へ消えてゆく
風のうねりに似た祈り

短い夢は終わりを告げて
暗い部屋で鉛筆を握る
綴る少女の物語

ひとりでいたい日もある

一人でいたいと願っても
誰も一人にしてくれない
どこからでもピピピ
通知と一緒に言葉がくる
来ないの来れないの?
行きたくないのに言えない

一人でいられないから
せめて今日だけは独りで

朝顔の花

朝顔の花が咲いていました
紫色の綺麗な花でした
しばらくすると花は枯れてしまいました
茶色くしぼんでうなだれていました
紫色のその色を
知っているのは私だけで
紫色のその色を
覚えているのは私だけでした
FC2プロフ
プロフィール

野村草太

Author:野村草太
Eto、ETO、早乙女シン、天狗さま、マスターetcetc...
以上の名前に聞き憶えがあればきっとそれはボクでしょう。

しがない文字書きです。
静かな雰囲気の文章ばかり書いております。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
もへもへ雑記帳
QR
カウンタ
ものべのバナー
ものべの応援バナー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。