スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を見ていた
星の光の渦の中の一粒のりんごを
僕は大切に抱えてもっていた
僕は目が覚めた

夢を見ていた
海の底の岩の陰の小さな砂時計を
僕は大切にもっていた
僕は目が覚めた

夢を見ていた
草原に立っていた
僕は何も持っていなかった
汽車がきて 僕はそれに乗ってどこかへ行ってしまった
スポンサーサイト

ルビー

森の中を歩くキミは
いつだってひとりきり
楽しそうにハーモニカ吹いて
嬉しそうに柘榴の実かじって
走っていって
戻ってきて

熱い掌でボクの手を握って
どこまでもどこまでも走っていく
土の香りがする
キミの香りがする

だからどうかお願い
ボクを見ないで

きらきらひかる

きっとどこかでわかっていた
らじおのおとをききながら
きしむとびらをあけて
らんぷにひをつけた

ひじをついてまどのそとをみた
かみさまのあしおとがきこえるよ
るびぃのひかりをたずさえて

毎日更新。今日から。

0時過ぎたら毎日三つずつ詩を置いていこうかな、と。
最近、言葉で遊ぶ機会が全然なくて、やろうと思うタイミングも中々なくて、上手く言葉がつかえなくなっていることに気づいて。使わないものが退化するのは何も肉体に限ったことではないと感じたのです。べんべん。

誰が見るわけでもないのかもしれないけれど。
どれくらい続くのかもわからないけれど。
きっと連日帰らない日があればきっとそこから停滞してしまうのだけれど。

誰かの目に触れれば素敵だな、って。うん。
FC2プロフ
プロフィール

野村草太

Author:野村草太
Eto、ETO、早乙女シン、天狗さま、マスターetcetc...
以上の名前に聞き憶えがあればきっとそれはボクでしょう。

しがない文字書きです。
静かな雰囲気の文章ばかり書いております。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
もへもへ雑記帳
QR
カウンタ
ものべのバナー
ものべの応援バナー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。