スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会の窓

夕暮れの帰り道を
キミは一人歩いていくよ
遠い窓の中に見える景色が
キミにはもう眩しすぎて

硝子一枚隔てた距離が
あまりにも遠く届かない
暖かな食事も
キミは見てるだけ

太陽が山の底に
燃え尽きて消えた後は
もうキミは歩けないよ
ただ一人でいるだけで

月ももう見えない
星はいつも見えない
どこか遠いどこかで
キミが泣いている声がする
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
プロフィール

野村草太

Author:野村草太
Eto、ETO、早乙女シン、天狗さま、マスターetcetc...
以上の名前に聞き憶えがあればきっとそれはボクでしょう。

しがない文字書きです。
静かな雰囲気の文章ばかり書いております。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
もへもへ雑記帳
QR
カウンタ
ものべのバナー
ものべの応援バナー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。